読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスの良さがにじみ出る俺の日記

ミリタリーを中心とした日記・・・と言ったな。アレは嘘だ

【入浴写真付】TAGGED LIFE GEAR レビュー 固くて太くてしかもクビレがあるメモだよ

おはこんばんちは

すっごい丈夫なメモ

f:id:Multicam12:20170211122721j:plain

的な感じでmonoマガジンで紹介されていたハイモジモジさんのTAGGED LIFE GEAR を購入しました。なんかこの手の実用的なメモ帳と違ってオシャレじゃね?ってのが購入のきっかけ。

ミリタリー好きとしてはメモはrite in the rainのメモでAll Weather Penかもしれませんが、ここは敢えての日本製推しで。名前もミリタリーっぽいし。そのご紹介

f:id:Multicam12:20170207001057j:plain

 TAGGED LIFE GEARシリーズ

購入したのは

  • Sサイズ W67 x H112 x D11mm 750円ぐらい
  • Lサイズ W79 x H131 x D11mm 850円ぐらい

それぞれ一つずつ。ちょっと高いかな?という印象。このメモパッドの特徴は

  • クビレている
  • カバンの中に入れず外に出したままで使える
  • 普通のかき心地の「耐洗紙」
  • 水に濡れても大丈夫
  • カラビナを通すための大型の穴が開いている
  • クビレている

というところが挙げられます(使ってみてこのクビレが案外よかったので二回言いました)

外に出したまま・・・

ここがこのメモの大きな特徴の1つです。本来ならメモはカバンの中にしまったり、ポケットに入れたりしますがこれは外にぶら下げて置いて使うことが前提でつくられています。男らしく外に出したまま。出したものはしまわない。アウトドア派の方なら結構「おっ」と思うのではないでしょうか。

外に出しておけばそれだけメモは色んな物にぶつかったり、ねじれたり、こすれたりするわけですがその分紙自体が丈夫にできています。確かに破ろうとするとそれなりに力が必要です。認めたくないですが、もしかしたら自分のミリタリージャケットより丈夫かも。親父に自慢したら「お前は別に外でメモとる仕事なんてしてないだろ」と言われました。ロマンがないよね。

濡れても大丈夫。普通のかき心地の対洗紙

個人的にここが感心したところです。言われなければ気づかないほど「普通の紙」です。対洗紙という種類のようで、メーカーHPで調べてみると

  • 水は弾かない
  • むしろ水は「吸う」
  • でも濡れても破れない

という特徴があるみたいです。買っておいてなんですが「あれ?これ水に濡れても大丈夫だったよな?」と調べ直すぐらいは普通の紙。こういう系の紙はビニール的な素材でできてたりしてかき心地がよくないのが定番なんですけどね。

濡れると水を吸うので曲がりますが、フニャフニャになって破れるといった致命的なことにはなりません。

クビレ

思ったより持ちやすい。いいね、これ。束だと持ちやすいけど、メモとしてはクビレのところの分書くスペースが少ないので人によっては嫌かもしれません。

入浴実験

というわけで試しに色々なペンで字を書いて、一緒にお風呂に30分ほど入ってみました。

f:id:Multicam12:20170211003203j:plain

入浴前のTAGGED LIFE GEAR

  1. フリクション
  2. Jetstream(油性) 
  3. Acroball(油性) 
  4. 油性ペン
  5. ローリー(油性) 
  6. (なぜか酸っぱい匂いのする)筆ペン
  7. e-ball(油性) 

それぞれの字は1~7で書いてます。油性ペン率高すぎ。

入浴中

f:id:Multicam12:20170211003410j:plainf:id:Multicam12:20170211003425j:plain

くしゃくしゃにしてみたり、潰してみたり・・・それを10回ほど

30分お風呂に入れた後の結果

f:id:Multicam12:20170211001535j:plain

f:id:Multicam12:20170211123312j:plain

くっちゃくちゃのシワシワ。これでも普通の紙より丈夫

熱で消えるフリクションは消えてしまいました。油性のe-ball何故か消えました。筆ペンは滲みまくり。

紙の耐久性

くしゃくしゃに潰してみたりを10回ほど試してみました。紙そのものの色?がこすれることで若干半透明化しましたが、特に問題ありません。破るには濡れているのに関わらず普通の紙以上に力が必要でした。破るときはビリビリってよりもズズズっと重い感じ。伝わりにくいけど、丈夫なのは破る時にわかります。紙の密度が高いっていうのかな?

裏抜けはしないけど、する

油性ペンも筆ペンも裏抜けはしませんでした。が、濡らすと筆ペンは裏抜けしました

というのも、この紙自体が水を吸うので濡れた時に一緒に筆ペンのインクも染み込んで透過してしまうってわけですね。考えてみれば当たり前ですが、実験するまで気が付きませんでした。

TAGGED LIFE GEARは水性のペンの使用は推奨していませんが、もし使うのなら字が裏抜けして後ろの紙まで影響を及ぼすのは頭に入れておいてもいいかもしれないです。

 

まとめ

オシャレで丈夫な耐水メモ、TAGGED LIFE GEAR。この手のメモは実用性が問われるものが多いのでデザインは二の次のものが多いのでそういう意味で少し変わった立ち位置のメモかもしれません。

持ちやすさや耐水性・耐久性・書き味はさすがの一言。最近ドローンを購入して野外や河川敷に出ることが多くなったので持ち歩こうかなと思ってます。普通のメモパッドとして使うには高いし、オーバースペックかもしれませんがアウトドアや男なら一つぐらいは持っておいても良い一品だと思います。